氷と塩でシャーベットを作ろう!

氷と塩のせいしつをつかって、つめたくておいしいシャーベットをつくってみよう。
ice_00

<用意するもの>

 ◆ジュース ◆氷 200~300グラム(製氷皿2杯ぶん) ◆塩 90グラム(大さじ6杯) ◆ボウル(またはバット) 2つ ◆ポリぶくろ(ジッパーがついているもの) ◆温度計 ◆タオル ◆軍手(またはゴム手袋)

<やってみよう>

・実験は、できるだけおうちの人と一緒にやってね。けがをしないように、じゅうぶんちゅういしよう。
・実験のとちゅうで温度がとても低くなるよ。必かならず軍手やゴム手袋をつかおう。

1、まずさいしょに、氷に塩をまぜたら温度がどのように変化するかしらべるよ。ボウル(またはバット)に氷を100~150グラム(製氷皿1杯ぶん)をいれて、温度計ではかってみよう。
※ 塩を入れる前の氷の温度を記録きろくしておこう。どうやって変かわっていくのかな?
※ 氷をいれるとボウルはすべりやすくなるよ。すべらないように、あらかじめボウルのしたにタオルなどをしいておこう。
2、氷に塩を45グラム(大さじ3杯)いれてよくかきまぜる。かきまぜたら温度をはかるよ。1分ごと温度計ではかって温度の変化をグラフにまとめよう。
※ 塩を入れた氷はとてもつめたくなるよ。手でさわるときはかならず軍手やゴムゴム手袋をしよう。
3、2でしらべた氷と塩のせいしつをつかって、シャーベットをつくるよ。ジュースをポリぶくろにいれて、ポリぶくろをボウルのなかにならべよう。
※ いろいろな種類のジュースをつかってためしてみよう。牛乳やアイスクリームの材料をいれてもいいね。
4、ポリぶくろをならべたボウルにのこりの氷と塩45グラム(大さじ3杯)を加くわえて、もうひとつのボウルでふたをするよ。
※ ボウルぜんたいをタオルでつつんでおくと、冷たさをたもつことができるよ。
※ ボウルは、温度がとても低くてすべりやすくなっているよ。うごかすときは、かならず軍手やゴム手袋をしよう。
5、10~15分くらいまってから、ボウルをあけてシャーベットをとりだそう。
※ シャーベットがかたまるまでの時間じかんをはかってみよう。ジュースを使つかったときと牛乳を使つかったときでかたまる時間をくらべてみてもいいね。
《シャーベットの作つくりかた》

ice_01
ジュースをポリぶくろにいれる。

ice_02
ボウル(またはバット)に氷を半分いれて塩をくわえる。

ice_03
ジュースをいれたポリぶくろをならべる。

ice_04
のこりの氷こおりをのせる。

ice_05
のこりの塩をいれる。

ice_06
ふたをして10~15分くらいまつ。

ice_07
冷えてかたまったら完成。

ice_08
おさらにもりつけて食べてみよう。

作品レポートを投稿する
      
やってみた自由研究のテーマや作品について説明してみよう!

みんなの投稿

読み込み中